発注企業様 導入事例

取材日:2017年3月22日
食材に合わせて、Web発注と
電話発注を使い分け。
こだわりの料理で地域住民に
愛される店を目指します。

株式会社ノーリーズ

創業 :2007年 設立 :2010年
代表者 :代表取締役 大西 紀之 事業内容 :飲食店経営および企画、開発、教育、研修など
本社所在地 :東京都世田谷区太子堂4-20-24 B1F
企業サイト http://www.inaseya-group.com

BtoBプラットフォーム 受発注 導入効果

checkbox

何十枚もの発注書FAX送信が不要。発注ミスもなくなり、食材の未達も解決。

checkbox

伝票の束から過去の仕入れ金額を探す手間が解消。伝票の保管スペースも大幅削減。

checkbox

納品書や請求書の計算作業がなくなり、スタッフの業務負担が軽減。

東京・世田谷で、魚料理を中心とした「いなせや」をドミナント展開する株式会社ノーリーズ様。「いなせや」ブランドで洋食や和食ダイニングなど、業態をアレンジして地域ごとの棲み分けを図っています。出店の戦略や日々の業務の効率化について、代表の大西氏に伺いました。

BtoBプラットフォーム 受発注
お問い合わせ資料請求

修行時代の挫折から、仲間の大切さを学ぶ

― 飲食の世界を志すようになったきっかけを教えてください

私の実家は北海道・旭川の米作り農家で、食事は家族が当番制で用意することになっていました。家族みんなが料理する姿を見て育ちましたから、高校を卒業したら料理人になりたいと自然に思うようになったのです。私は長男なので、本来なら農家の跡継ぎです。しかし、父は「自分の夢を頑張れ」と応援してくれました。そして大阪の調理専門学校を卒業した後、20歳の時にグローバルダイニングに入社したのです。

― 初めて就いた飲食業では、どんな経験をしましたか?

グローバルダイニングは完全に実力主義の会社でしたから、やればやっただけ自分の成長が実感できて楽しかったです。ただ、挫折も経験しました。24歳の頃、郊外に400席の大規模店を新規出店する話があり、自分が店長をやると言い出して任せていただいたのです。それまで私はキッチンしかやってこなかったのですが、ホールの経験がなくても大丈夫だと思っていました。過信していたんですね。案の定、店はうまくいかなくて、結局、私は店長から降格することになりました。当時は本当にショックで、会社を辞めようかと思い詰めたほどでした。

そんな私に、社長が「挫折こそ、強くなれるチャンスだ」と励ましてくれ、新たに都心に出店する店舗で店長の仕事を与えていただいたのです。この経験で、自分はいかに周囲の人たちに支えられて生きてきたのかを改めて学びました。一緒に働く仲間がいてこそ、自分があるんだと気付かされたのです。特に当時の上司が「数字(売上)も大切だが、数字のためにはまず人を大切にすべきだ」という考えの人で、その姿には多くのことを学びました。

代表取締役 大西 紀之 様 画像

代表取締役 大西 紀之 様

― 30歳で独立して、1号店となる「いなせや本店」をオープンしたのが三軒茶屋。あえて激戦区を選んだ理由を教えてください

三軒茶屋を選んだのは、私が上京して最初に住んだ街だったからです。もちろん単にノスタルジックな気持ちで決めたわけではありません。かつて自分が住んでいたからこそ、“いける!”という勝算があったんです。出店当時から三軒茶屋は大勢の若者でにぎわう街で、周囲の飲食店も客単価2,000円台とされていました。ただ、一歩足を踏み入れれば落ち着いた住宅街が広がり、長く地元に住み続けているファミリー層がいるんです。そこで、この方々向けに、丁寧な接客で食材にこだわった料理をお出ししようと、客単価は4,000円に設定しました。

ただ、最初はやはり苦戦しましたね。「チューハイしか飲んでいないのに、なんでこんなに高いんだ!」と怒鳴られることもありました。宣伝でグルメサイトを利用することもアドバイスされましたが、焦って対策をしても一見客しか来ないと思い、手を出していません。そんな調子だったので、オープンから1年くらいは一日に一組しか来なかったことも珍しくありませんでした。

でも、心が折れることはなかったです。少しずつですが、「家族でゆっくりできる店が欲しかった」と喜んでくださるお客様が増えて、常連になっていただきましたから。それに、もともと30年間愛される店にしたいと思っていたので、のこり29年のためには1年間苦労するくらいどうってことはないと割り切っていました。おかげさまで3年後、2号店の洋食業態をオープンさせ、その後も和食ダイニング、炉端焼きを提供する和食業態、イタリアン業態の店舗を出店していきました。

ITの利用でスタッフの作業効率とペーパーレス化がすすむ

― 順調な出店に見えますが、大変だったことは?

店舗内 画像

5店舗目のオープンから、とにかく閉店後の仕事の多さに参っていました。食材の発注のほか、納品書や請求書を一枚ずつ仕分けして、まとめて計算して、といった作業にホールとキッチンの2名が毎日1時間は残業していたのです。“なんとかしなければ”と思い、ネットで食材を発注できる「BtoBプラットフォーム 受発注」を導入する決断をしました。

― ITの導入で、日々の業務は改善されましたか

まず、発注内容がパソコン内で一覧化されるので、閉店後にスタッフが伝票整理や金額計算で残業することがなくなりました。閉店時間とほぼ同時に帰宅できるようになったのです。

また、営業中でも食材の発注が簡単にできるので、閉店後に何十枚も発注書のファックスを送ることもなくなりました。以前は、魚を発注したつもりで送ったファックスが、短縮ダイヤルのボタンの押し間違いで農家に届いていたというミスがありました。そうした誤発注は納品当日にならないと分からず、必要な食材が届かないという事態につながっていたのです。Web発注では発注記録がちゃんと残るようになったので、本当によかったと思います。

― 電話やファックスでの発注も、引き続き活用されていますね

Web発注は7割で、3割ほどは電話やファックスでやり取りしています。鮮魚の場合、日によって漁港に揚がる魚の種類が異なるため、電話で『今日は◯◯が揚がったよ』という情報をリアルタイムに得ることは、素材にこだわる料理を作る上で重要なのです。自店の事情に合わせて、デジタルとアナログを使い分けているといった感じです。

それでも、ペーパーレス化が一気に進んでいきました。毎月15センチもの厚さの束になっていた伝票類が、今では3センチほどになったのです。保管スペースが大幅に削減しました。また、過去の仕入れ金額を確認する際も、ほとんどの作業はパソコン画面のクリックで可能となり、以前のように伝票の束をめくる手間が省けました。

30年、三世代に愛される地域の店であり続けるために

― 店舗展開や経営方針は、どのようにお考えでしょうか

モットーは「30年、三世代に愛される店」です。当然お子様連れも歓迎しますし、あらゆる世代に共有いただける店でありたいと願っています。世田谷区は、長く住み続けている方が多いんですよ。持ち家のある方も多くいます。そんなお客様に長く愛される店でありたいですね。もうすぐ6号店をオープンさせますが、積極的に店を増やそうとは思っていません。スタッフの実力がついてから出店を決めています。それよりも、一日一日、一組一組、一つひとつの店を大切に、お客様とのつながりを深めていきたいです。

そして、私は経営者として、スタッフの幸せを強く願っています。家族を持って、家を買って、という暮らしを実現させてあげたいですね。何よりも「いなせや」で働いていることに誇りを感じてもらいたい。将来的には、頑張って功績を上げたスタッフに独立支援というかたちで、店舗を引き渡して運用してもらうことも考えたいです。

株式会社ワンダーテーブル

顧客満足重視のブランド展開には、ITを駆使して集めた情報と、それを活用するアナログな努力が不可欠です。

株式会社鳥貴族

2021年7月期の1000店舗達成に向け、「労働環境の改善」は最重要課題。システム活用による業務効率化と、生産性向上が欠かせません。

株式会社オールハーツ
・カンパニー

書類の電子化で急成長に伴う課題を解決。データ処理のインフラを整備して、信頼度の高い企業を目指します。

株式会社ノーリーズ

食材に合わせて、Web発注と電話発注を使い分け。こだわりの料理で地域住民に愛される店を目指します。

株式会社リトル沖縄
オーバーシーズ

数値の見える化は、従業員の経営改善への意識向上だけでなく、店舗のクオリティアップにもつながります。

有限会社龍ノ巣

最高の商品を全店で提供するために、食材の店舗間移動にもシステムを活用。税理士との情報共有で、管理業務の簡略化にも成功!

株式会社萬野屋

“売り買いの数≠セけにとどまらず、“社員の数字≠ノも効果を発揮。経営戦略になくてはならないパートナー。

株式会社
プレジャーカンパニー

数値化できない感性と、確実に裏付けられたデータ。経営に重要なのは、そのバランス感覚だ。

JR九州
フードサービス株式会社

IT化により仕事の質の変化が起こり、購買担当者がバイヤー業務に専念。新たな価値を生み出す仕事に従事。

株式会社
キープ・ウィルダイニング

損益計算書が一日で完成するから、課題や目標値に向かって現場レベルですぐに動ける。

株式会社串カツ田中

多店舗展開を見据えた受発注のシステム化と負担軽減

株式会社Big Belly

現場の管理能力向上と経営の効率化

株式会社バイタリティ

メンテナンスフリー&低コストで業務の効率化

購買業務の改善・時短・コスト削減を図り、
本部・事業所、店舗・部門の業務をスリム化する仕組みをさらに知りたい方は