受注企業様 導入事例

取材日:2015年2月3日
業務のペーパーレス化・
効率化でコストダウン
を実現

尾家産業株式会社

設立 :1947年10月 代表者 :代表取締役会長 尾家 亮
代表者 :代表取締役社長 尾家 啓二 本社所在地 :大阪市北区豊崎6-11-27
事業内容 :外食産業、中食事業、給食事業など、あらゆる「食」の市場への食材の供給
企業サイト http://www.oie.co.jp/

BtoBプラットフォーム 受発注 導入効果

checkbox

ペーパーレス化によるコストダウン

checkbox

受注業務の効率化

checkbox

新たな取り組みを可能にする、受注データのデジタル化・一元化

大阪に本社を置き、全国約26,000件以上の取引先に業務用食材を提供している 食品商社が、尾家産業。経営層のデジタル関連への理解度が深かったこともあって、IT化にはいち早く取り組み、業務の効率化、コストダウンに確実に成果を上げています。もちろん「BtoBプラットフォーム 受発注」も早くから活用。同社が取り組む受注のIT全般について、お話を伺いました。

BtoBプラットフォーム 受発注
お問い合わせ資料請求

オンラインでの発注業務は非常に楽
ペーパーレス化によるメリットは非常に大きい

当社では北海道から九州まで拠点を展開し、業務用食材の商社として「食」に関わる商品を供給しています。お取引先はホテルやレストラン、居酒屋などの外食産業、弁当や惣菜、宅配などの中食事業、工場やオフィスなどの給食事業、最近では病院や老人介護施設等のヘルスケアフード事業など、幅広い分野に広がっています。特にヘルスケアフード分野でのメニュー提案には、近年、力を入れています。

現在の取引先件数は全国に約26,000件。そのうち45%がFAX、残り55%がWEB-EDI(電子データ交換)による受注です。もちろん以前はFAXの割合の方が高かったのですが、ここ数年で紙からオンラインへの切り替えが順調に進んでいます。

当社が「BtoBプラットフォーム 受発注」を導入したのは10数年前です。以来、安定的に稼働を続け、業務のペーパーレス化、効率化に大きく役立っています。デイリーの受注数が膨大ですから、FAXの用紙代だけを取ってみても、ペーパーレス化によるメリットは非常に大きいと言えます。

加えて当社では、会員制の注文サイト「OIE de ネット」を立ち上げて受注業務の完全オンライン化を進めるとともに、お取引先とのEDIも推し進めるなど、ITを活用した効率化に積極的に取り組んでいます。現状でもITのメリットは取引先にも理解していただいていますが、さらにペーパーレス化が進めばより大きなコストダウンが期待できると考えています。

ただ、店舗にPCが置いていない、ネット環境が整っていないというお取引先は意外と多く、また、FAXで発注して、その記録は紙で手元に残しておきたいという方も少なくありません。

さらに当社が力を入れているヘルスケアフード分野でも、病院の給食は診療科目ごとにメニューが微妙に異なるために、手書きのFAXでの発注が主です。

オンラインでの発注業務は非常に楽であるということをもっとアピールし、「BtoBプラットフォーム 受発注」への切り替えを促したいと思います。コストダウンが進めば、お客様にとっても有利な仕入条件につながる可能性もありますから、そのあたりも含めた提案をしていきたいですね。

受注センターご担当者様

受注センター ご担当者様

物流部ご担当者様

物流部 ご担当者様

受注データの一元管理によってピッキング作業も合理化

受注センターご担当者様

受注センター ご担当者様

ピッキング作業

当社の先駆的な取り組みとしてご紹介したいのが、事業所で導入しているボイスシステムです。

倉庫からの出庫のためのピッキング作業は、担当者が紙の指示書に基づいて棚から商品を取り出してトレイに入れる、というやり方でした。それでは作業の品質にバラツキが出ると共に、作業コストも削減できません。

そこで当社では、受注データを音声化し、「声」で指示するようにしました。ピッキングの作業者は頭にかぶったヘッドセットでその声の指示に従って作業するという方法です。 このシステムだと両手が使え(ハンズフリー)、目線もいちいち紙に戻すことなく棚を見ることができ(アイズフリー)、作業効率が非常に高まりました。このシステムは業界初の取り組みで、他社からの見学も殺到しています。

こうした取り組みができたのも、受注データのデジタル化と一元管理ができているためです。

ただ、ネットの利便性は、今では多くの方が理解してくれていますが、実際には発注担当者が代わると業務の引き継ぎがうまく行われなかったりして、FAXでの発注に逆戻りというケースも少なくありません。その点「BtoBプラットフォーム 受発注」は本部主導での導入なので、そうした懸念が不要であることが嬉しいですね。

インフォマートさんとはお付き合いも長く、かゆいとこに手の届くようなきめ細かいサポートをしていただいていますので、今後にもぜひ期待したいと思います。

独自の会員制サイトも充実

尾家産業の業務用食品・食材の発注サイトが「OIE de ネット」です。
専用画面から24時間365日発注が可能で、新商品やレシピ等の提案情報も満載です。約4年前に立ち上げたもので、現在の登録ユーザー数は全体の約2.5%。これを5%にまで高めていくことが当面の目標です。

株式会社大光

取引先様からの要望でスタートしたデータ受注。今ではお客様のニーズに応える取組みの一つとして、積極的に提案しています。

アンキッキ協栄株式会社

インフラ整備で業務効率を高め、顧客満足度の向上と食文化の発展に貢献します。

株式会社増田禎司商店

受注処理の自動化で、受注漏れも再配達も改善。業務を効率化して、顧客の信頼に応えます

株式会社
ヤッホーブルーイング

システムの一部導入で作業時間は3分の1に。WEB発注による業務フローの変更は、事業拡大のカギです。

株式会社はし藤本店

スマホ登場前から受注の電子化に取り組み、口座数は1万件超。海外も視野に入れたデータ受注の普及促進を目指す。

株式会社ふじまつ

「小規模飲食店の物流センター」確立のため、受発注システムで業務効率化とコスト削減を促進。さらなるサービス向上を目指す。

エンド商事株式会社

あくまでもお客様のニーズに応える。そのためのツールとしてのシステム化を推進し、1分1秒を大切にする業務効率化を目指す。

広栄株式会社

早いシステム導入が差別化につながり、事業が拡大

株式会社オーリック

お客様のビジネススタイルに合わせた受注フローを確立。サービスの充実と業務効率化を目指す。

株式会社プレコフーズ

ネット化の流れに先手を打ち、誤発注防止・事務作業軽減

尾家産業株式会社

業務のペーパーレス化・効率化でコストダウンを実現

株式会社榎本

膨大なコストと手間を解消し、スムーズな業務効率化

データ受注〜電子請求による業務の効率化・
コスト削減を図る仕組みをさらに知りたい方は